資料ダウンロード 専門家へ相談 LINEで問い合わせ お問い合わせ
0120-379-072
(受付時間:9:00〜18:00/毎週水曜定休)

底地 勉強会

こんな方にオススメです

底地を上手に活用して、富動産にしませんか?

地主さんにとっての貸宅地(底地)は、維持管理費や土地の価値からみた場合、現状の収入(地代)では割が合っているとは思えません。地主と借地人との関係は、アパートの入居者と違い何十年も前から続く歴史が詰まっています。固定資産税の負担も大きいため、地代を値上げしようにも簡単に変更することは難しく、現状から抜け出せずに悩まれている地主さんも多いのではないでしょうか?

 場合によっては契約期間が満了していて更新していなかったり、契約書そのものが無いケースも多々見受けられます。なにかのきっかけでいざ交渉事になると『先代はそんなことは言わなかったぞ!』『先代はいい人だった・・・』『先代とは口約束だが、硬い信頼関係があったんだ!』などと、昔の話を持ち出されて埒があかない・・・交渉はちっともすすみません。

 そこで誰かこの貸宅地を買ってくれないだろうか?息子(娘)にこんな思いはさせたくない!と思うのももっともです。そこで、事例を交えながら底地に関する法律から、貸宅地(底地)を活用した生前対策の方法まで幅広く情報を提供いたします。

勉強会の対象者

・大田区・品川区で土地を貸されている地主様

・ご両親が大田区・品川区で土地を貸されている
 次世代の地主様

勉強会の内容例

・底地の歴史的背景

・旧法と新法の違い

・底地借地の活用方法

・地代や承諾料、更新料の金額の算出方法

・トラブル事例と対応方法

・借地人に有利な旧法と新法による土地賃貸借契約

担当講師紹介

草皆 真規(くさかい さだのり)

所属:営業部売買課
資格:実績宅地建物取引士、賃貸経営管理士、相続支援コンサルタント

講師より 
 地主様にとっての貸宅地(底地)は、代々続く大切な土地かと思います。しかし、税金負担や維持管理、借地人との関係性や土地の価値から考えると、現状の収入(地代)では割に合わないのが現状です。地主様と借地人様の関係は、アパートの入居者と違い、何十年も前から何代にも渡って続いてきた過去が詰まっています。そのため、固定資産税等の負担が大きいからといって、地代を値上げしようにも簡単にはできず、かといって底地を処分しても二束三文にしかならず、現状から抜け出せずにお悩みの地主さんも多くいらっしゃいます。

 中には、借地権の契約期間が満了しているのに更新していないケースや、そもそも契約書自体が無いケースも多々見受けられます。何かのきっかけでいざ交渉事になると『先代はそんなことは言わなかったぞ!』『先代はいい人だった…』『先代とは口約束だが、信頼関係があったんだ!』などと、昔の話を持ち出されて埒があかず、交渉はちっとも進みません。
 誰かこの問題を解決してくれないだろうか?精神的にも疲れるし、次の世代のわが子達にこんな大変な思いはさせたくない!と思うのもごもっともです。本勉強会では借地権の歴史から法律、トラブル解決事例や底地の活用事例など今後の底地活用に役立てていただけるような情報を幅広くご提供します。

勉強会開催日

不動産経営勉強会 他セミナーのご案内

ミノラスの不動産経営勉強会は STEP1の基本編とSTEP2の応用編の2部構成となっています。

STEP1の賃貸経営の基本勉強会では、「賃貸経営が初めて」という方にも分かりやすく基本を解説いたします。こちらにご参加いただくと、ご参加者様に合ったオススメのSTEP2セミナーをご紹介いたします。また、賃貸経営の基本勉強会を受講せずに、直接STEP2の各セミナーからのご参加いただくことも可能です。

STEP2の各セミナーでは、焦点をしぼって、より詳しく各テーマについて解説します。 各セミナーについての詳細は下記リンクよりご覧ください。

関連サービス

事例・お客様の声 お役立ち情報 トピックス 会社概要