資料ダウンロード 専門家へ相談 LINEで問い合わせ お問い合わせ
0120-379-072
(受付時間:9:00〜18:00/毎週水曜定休)

資産を減らさない納税資金対策

~10ヵ月以内の対応が必要~

納税資金対策とは?

納税資金対策というのは、将来相続税がかかってくる場合に、その納税のための資金などを”今のうちから準備しておこう”と考えてあらかじめ対策を立てておくことです。

なぜ必要なのか?

相続税の納税額は結構まとまった額となることが多いです。将来、遺産を相続される相続人の方がそのまとまった額を工面することは容易ではありません。ですから納税資金に換価できる資産を用意することが必要になってきます。

また、我が国の国家財政状況などを勘案しますと、将来さらに相続税が増税される可能性もありますので、事前の資金対策がますます重要になってきます。

具体的にはこのような対策が考えられます。
  • 生命保険の活用
  • 退職金の活用
  • 相続時精算課税制度を活用した不動産の贈与
  • 資産の組み換え

このような方へおすすめです

  • 相続が発生したときにどのくらいの相続税がかかるか知らない方
  • 相続税の納税資金が準備できない方
  • 資産の多くが不動産の方

どんなメリットがあるの?

  • 相続税の延納を回避できます。
  • 相続開始後10か月以内のスムーズな納税が可能です。
  • 事前に処分できる財産を整理することで、資金の準備ができます。

専門家へ相談

  • 伊藤 翼

    所属
    営業部MK受託アセット課 
    資格/実績
    宅地建物取引士 / 相続士 / 相続支援コンサルタント 
    専門
    相続・家族信託 

専門家一覧ページはこちら

お役立ち情報

オーナー様向けお役立ち情報

「資産を減らさない納税資金対策」専用ご相談フォーム

プロがオーナー様の経営をサポートします!

お問い合わせ・ご相談はこちら
お電話でも受け付けています 0120-379-072

(受付時間 9:00〜18:00/毎週水曜定休)

事例・お客様の声 お役立ち情報 トピックス 会社概要