資料ダウンロード 専門家へ相談 LINEで問い合わせ お問い合わせ
0120-958-870
(受付時間:9:30〜17:30/毎週水曜定休)

お役立ち情報

大切な資産を「守る」「つなぐ」「増やす」ために
役立つ不動産の市況や経営の情報をご紹介

2021.09.16 底地

底地権と借地権の等価交換

不動産の等価交換とはどのようなものなのか?

 等価交換の本来の意味は「価値の等しいものを相互に交換すること」です。不動産業界に置いては、土地と土地、建物と建物など、不動産の等価交換が行われます。

 今回は、地主様と借地人が不動産を完全所有権にするため、底地権と借地権を分筆し、それぞれ一部分を相互に交換します。

 具体的に説明すると、借地権の一部分を地主様に返還、底地の一部分を借地人に譲渡するような形になります。

等価交換により権利関係が解消される!

 等価交換により底地権、借地権の一部分を相互に交換することで、完全所有権の土地となり地主様と借地人の権利関係が解消されます。

 完全所有権の土地は所有者が自由に扱うことができます。土地を自分自身で管理し、さまざまなことに利用することができるので、不動産の価値を上げることができます。

 権利関係の解消がなぜ大事なのかというと、底地権や借地権は相続などで代替わりが進むと誰が権利者なのかお互いに把握しきれなくなることもあり、親族ではない第三者を含む複数人で相続した場合、さらに権利関係が複雑になるからです。

 このような地主様と借地人の複雑な権利関係を等価交換によって解消することで、しがらみがなくなり土地の利用や活用がしやすくなるのです。

 トラブルがある借地権であればあるほど、次世代に承継す資産としては負の財産になりかねません。

 将来のためにも、一つの解決策として検討してみてはいかがでしょうか。

オススメ勉強会

関連サービス

この記事の執筆者紹介

アバター画像

ミノラス不動産

私たちは次世代へ大切な資産を「守る」×「つなぐ」×「増やす」ために、お客様の不動産継承計画を共に実現させる不動産サポート企業です。

メルマガ 情報誌Minotta無料購読 YouTube LINE会員募集中 専門家へ相談① 専門家へ相談②