資料ダウンロード 専門家へ相談 LINEで問い合わせ お問い合わせ
0120-958-870
(受付時間:9:30〜17:30/毎週水曜定休)

お役立ち情報

大切な資産を「守る」「つなぐ」「増やす」ために
役立つ不動産の市況や経営の情報をご紹介

2023.12.11 入居率up 空室対策

人気設備”インターネット無料”って結局どうなの?

「インターネット無料」の賃貸物件とは、インターネットの回線使用料が無料のお部屋のことです。賃貸物件の所有者(オーナー様)がプロバイダとインターネット回線を契約し、使用料を負担している仕組みです。部屋を借りる入居者からすると、毎月必要になる通信料金が無料で、すでに部屋に回線が通っている状態のため、宅内工事に合わせての在宅も不要、入居後すぐにインターネットが利用できる点が喜ばれています。

㈱全国賃貸住宅新聞社が毎年出している「人気設備ランキング」でもわかる通り、スマートホンの普及や在宅ワーク、ネット経由でのTV視聴サービスも増えており、ここ数年でニーズを伸ばして上位にランクインし続けている設備です。

 

ただ、今までネット無料を導入していなくても高い入居率をキープしている場合や、インターネットに苦手意識を持っていたり、触れてこなかったオーナー様も多いのではないのでしょうか?今月号では、今や賃貸住宅では当たり前になっているインターネット無料に関して、簡単ではありますが概要を記載させて頂きます。

Q「インターネット無料」のオーナー様・入居者様のメリット/デメリットって?

Qどうゆう仕組み?

多くの賃貸住宅向けのネット無料サービスは、「シェアード(光共有回線)」と言われる形態です。これは光回線を1本建物まで敷き、そこから先は各戸に有線で配線する方式です。メリットは個別で各部屋に専用回線を敷くよりも、月額費用を抑えられる点です。デメリットは建物内でシェア(共有)しているので、他の入居者が短時間で大容量(長時間のウェブ会議、ゲーム)の通信利用をしていると他の部屋の通信速度が遅くなりなどの影響が出るリスクがあります。

その他にCATV(ケーブルTV会社の商品)や、光回線方式(共有ではなく各戸毎に敷く)があり、
最も高品質で安定しているのは光回線方式ですが、予算なども見て比較検討をした方が良いでしょう。

Q必要な速度は?

一般的にスマートフォンの回線速度は、40~80メガ程度が一般的なところです。最低でも、メールなどの送受信で1メガ、インターネット閲覧で10メガ、動画視聴で25メガ、オンラインゲームで100メガが必要と言われております。シェアード方式の場合は1ギガ(1,000メガ)を提供・供給するネット会社が増えました。ただし、スマートフォンやパソコンなどの端末は同時に複数の情報の処理をしているので提供速度が速いにこしたことはありません。また、1ギガの表記はあくまで理論値なので、車の燃費がカタログ値ほど伸びないのと一緒で実際の速度は表記ほど出ない事が多いですが、入居者の声としては「ストレスなく使えれば十分」という声が多いので、バランスを見て導入を検討して下さい。

Q結局導入した方が良いの?

導入後に入居者から「遅い」などのクレームの可能性もあり、どうしてもその点が心配な場合は入居者の個別導入(自己責任)形態の継続をお薦め致しますが、結論から申し上げると導入をお薦め致します。今やインターネットは生活に欠かせない設備であり、賃貸経営においては数年前の「珍しい」から「当たり前」の設備になっています。入居者は、個人契約で申込の場合は「毎月のコストに見合った対価」を重視します。新築・築浅のプレミアで無ければ、数多の競合賃貸物件の中から「選んで貰う」必要があります。そのなかで、ランキングに裏付けされている設備の導入は優先順位が高く、違う見方をすればコストパフォーマンスの高い空室対策です。ネットは見えないサービスでここには書ききれないほどお話したい事がありますが、ご興味があれば取引している不動産会社や、弊社までご相談頂ければと思います。

▶お問い合わせはこちらから
▶メルマガ会員募集中!賃貸経営に役立つ情報を定期的にお届けいたします!!
会員登録はこちらから


この記事の執筆者紹介

アバター画像

ミノラス不動産

私たちは次世代へ大切な資産を「守る」×「つなぐ」×「増やす」ために、お客様の不動産継承計画を共に実現させる不動産サポート企業です。

メルマガ 情報誌Minotta無料購読 YouTube LINE会員募集中 専門家へ相談① 専門家へ相談②