資料ダウンロード 専門家へ相談 LINEで問い合わせ お問い合わせ
0120-958-870
(受付時間:9:30〜17:30/毎週水曜定休)

お役立ち情報

大切な資産を「守る」「つなぐ」「増やす」ために
役立つ不動産の市況や経営の情報をご紹介

2023.12.11 底地 底地借地 底地借地事例

借地権の判例事例について

今回の記事はトラブルの原因になりやすい、借地権の権利関係について借地人の背信行為として実際に争った判例の事例をご紹介いたします。

借地の一部に明け渡しが認められたケース

ケース①

借地人は113坪を借りていたが、25坪を期間満了時まで空地のままにしたうえさらに一部を無断で他人に貸していました。地主様は、使用していない土地の返還を求めました。

判決

裁判所は、空地の部分の明渡しを認めました。しかし、 転貸している部分に関しては明渡は認めませんでした。
無断転貸や無断増改築などの違反行為、背信行為が契約期間中に借地にあったとき、これらの行為は正当事由が認められやすい理由の一つになります。

ケース②

20年間空地のままの土地につき、地主様が20年の期間満了で         更新拒絶の明渡し請求をおこなったケースです。請求が認められなければ、せめて20年間空地のままにしていた空地部分だけでもと明渡しを求めました。

判決

このケースでも裁判所は、空地の部分のみ明渡しを認め、明渡の判決を下しました。

上記、2つの事例は、権利関係などが複雑に絡み合っているため難しい判断にはなりますがお貸ししている土地の利用状況は、今後のために確認が必要となるでしょう。
何かございましたらお気軽にご相談くださいませ。

この記事の執筆者紹介

アバター画像

ミノラス不動産

私たちは次世代へ大切な資産を「守る」×「つなぐ」×「増やす」ために、お客様の不動産継承計画を共に実現させる不動産サポート企業です。

メルマガ 情報誌Minotta無料購読 YouTube LINE会員募集中 専門家へ相談① 専門家へ相談②